MONEY info

子育て世代のためのトクする!役立つ!暮らしのマネー術

*

住宅ローン控除を受けている途中で転勤になっても控除は受けられる?(Part1)

   

住宅ローン控除は、年末の住宅ローンの残高の1%が、その年の所得税から10年間控除されるありがたい制度ですね。
さて、サラリーマンの宿命”転勤”によってマイホームから離れて住むことになったら、住宅ローン控除はどうなるのでしょうか?
実際に住宅ローン控除中に転勤を繰り返した我が家の顛末記も含め、解説させていただきます。

まずは住宅ローン控除を受けられる条件を確認

「そんなことわかっているよ!」と言われそうですが、この際、きっちりと確認しましょう。

(1) 新築又は取得の日から6か月以内に居住の用に供し、適用を受ける各年の12月31日まで引き続いて住んでいること。
(2) この特別控除を受ける年分の合計所得金額が、3千万円以下であること。
(3) 新築又は取得をした住宅の床面積が50平方メートル以上であり、床面積の2分の1以上の部分が専ら自己の居住の用に供するものであること。
(4) 10年以上にわたり分割して返済する方法になっている新築又は取得のための一定の借入金又は債務があること。
(5) 居住の用に供した年とその前後の2年ずつの5年間に、居住用財産を譲渡した場合の長期譲渡所得の課税の特例などの適用を受けていないこと。

                 国税庁ホームページより

この要件で注意しなくてはいけないのが(1)ですね。
購入してから入居まで6か月以上かかっていたら住宅ローン控除は受けられません。
そして、”適用を受ける各年の12月31日まで引き続いて住んでいること”いうことですから、極端に言えば12月ギリギリに購入した家でも31日までに引っ越して入居していれば、住宅ローン控除が受けられるということですね。

また、返済期間10年に満たないローンの場合や、繰り上げ返済で10年未満で返済が終わってしまった場合は、(4)をみたさなくなるので住宅ローン控除は使えません。親戚や親からの借り入れにも適用されません。

では、いよいよ転勤したら住宅ローン控除はどうなるのかを見ていきましょう。
転勤といってもいろいろなケースが考えられますね。

転勤で住宅ローン控除が受けられなくなるケース

「まだ子供が小さいので家族全員で引っ越しても問題が無い」「やっぱり家族は一緒に住みたい」というような場合は、家族全員で引っ越しますね。
このような場合は、住宅ローン控除は受けられません。”適用を受ける各年の12月31日まで引き続いて住んでいること”という条件に当てはまらなくなるからです。

転勤で住宅ローン控除が受けられるケース

住宅ローンの借入主の夫が転勤になった場合でも、子どもの学校の関係などで単身赴任になる場合もありますね。
この場合、家族が住み続けていれば住宅ローン控除を受けることができます(但し、海外赴任の場合は控除を受けらません)。

次回は、転勤後に戻ってきて住宅ローン控除が再適用されるための条件について見てみましょう。

 - 住宅, 税金 , , , , ,