MONEY info

子育て世代のためのトクする!役立つ!暮らしのマネー術

*

【消費税増税対策その1】ギフト券、お米券、図書カードを金券ショップで買う

      2016/01/23

今すぐできる消費税増税対策で家計を守る

2017年4月から消費税は10%に上がります。但し、食品と新聞は8%のままということです。

たかが2%、されど2%。

5万円の商品を買った場合、消費税が4,000円から5,000円に増えるので、1,000円も余計に払わなければならないのです!

普通の家庭で年間数万円から数十万円の負担になります。

収入がかわらなければ、自分が買うものを減らすしかありません。

でも、欲しい物を我慢するはイヤですね。

これから少しでも消費税の負担を減らす方法を考えていきましょう!

賢い人はこまめに金券ショップを利用している!

大きな駅の構内やガード下、商店街などにある券ショップ。

新幹線や航空機の安売りチケットの情報がびっしり貼ってあるイメージしかないかもしれません。

ですが、実は普段の生活に使えるモノもたくさん売っていて、出張バリバリのサラリーマンにまじって賢い主婦やOLもしっかり利用しています。

主婦やOLは金券ショップでどんなものを買うの?

利用範囲が広く、現金と同じように使えるクレジットカード会社のギフトカード(VISAやJCBブランド)、クオカードやお米券は定番です。定価より1~3%程度安く売られています。

他にも、切手やハガキ、図書カード、デパートで使える全国百貨店共通商品券も人気です。

たった数%しか安くならないのにメンドクサイ・・・と思っていませんか?

でも、2%安く購入できたギフトカードや図書カードで買い物すれば、消費税増税分をチャラにできます!

大量に使う年賀状も、郵便局でなく金券ショップで買うだけで数百円節約できますよ。

クレジットカード払いでポイントを貯めた方がいいのでは?

でも、”普段はクレジットカードを利用してポイントを貯めているから、それでいい”という意見もありますよね。

もちろん、クレジットカードでポイントを貯めるのもりっぱな節約術です。

でも、クレジットカードで貯まるポイントは、何%ですか?

例えば200円で1ポイント貯まるクレジットカードなら、0.5%のお得です。

それなら、金券ショップで1%以上安く買えるなら、そちらの方がメリットありますよね。

まとめ

金券ショップを利用すれば、日々の生活で使うお金も節約できます。

毎日の買い物でたとえ数%でも安く買い物ができれば、ちりも積もれば・・・で年間単位では数万円の節約になります。

まずは通勤途中や近くにある金券ショップを覗いてみては?

 - カード, ポイント, 家計, 税金, 節約 , , , , , , , , , , , , ,