MONEY info

子育て世代のためのトクする!役立つ!暮らしのマネー術

*

進学資金準備の王道はやっぱり学資保険?

      2016/01/23

教育費はどれくらいかかるの?

以前、子どもの大学進学資金はいつまでにいくら貯めるのが理想? という記事で、「子ども1人にかかる教育費は1,000万円、ALL私立だと2,000万円以上!」とお伝えしました。

もちろん習い事をどうするか、大学の学部は理系か文系かなどでも大きく異なりますが、大学などへ進もうと思っているなら早めに進学資金を準備しておかなければ、子どもに余計な心配や負担(奨学金)をかけてしまうことになってしまいます。

進学資金準備の王道はやっぱり学資保険?

子どものためにも、進学資金を貯めておくのは大切!というのは分かっていても、日々の生活に紛れてしまいなかなか計画的に貯蓄できるものではありません。

児童手当が振り込まれる口座を「教育費用口座」として、生活費用の口座と分けて管理するのは「つい、うっかり使ってしまった」ということが無いようにするため、基本中の基本のワザです。

ただしその「教育費用口座」を生活費の補てんに使ってしまうこともありそう・・・という方は強制的に使えなくしなければ、なかなか教育資金を確保することはできません。

そのために有効なのは、やはり進学資金準備の王道である「学資保険」。
一旦始めたら、よっぽどのことが無い限り解約することはないでしょうから。

学資保険で進学資金を準備するメリットは?

学資保険の最大のメリットは、契約が成立したその時から、保険金額分の学費が確保できる!ということ。

貯蓄だったら、親に万一のことがあった場合に「その時までに貯まった金額」しか準備できないことになるからです。

参考:子どもの進学資金の準備方法~学資保険は何のために加入するのでしょうか?

他にも、生命保険料控除がうけられるので所得税減税のメリットを受けられる場合もあります。

まとめ

子どもの将来のためにしっかり進学資金を貯めておきたい、という方には学資保険は有効な手段ですね。

児童手当が振り込まれる口座「教育費用口座」から学資保険料を引き落とすようにしておけば、あまり負担を感じずに200万円ほどの進学資金が確保できますよ。

 - 保険, 家計, 教育, 税金, 貯蓄 , ,