MONEY info

子育て世代のためのトクする!役立つ!暮らしのマネー術

*

ふるさと納税を確定申告無しで行う方法

      2016/01/23

ふるさと納税やりましたか?

実質負担2,000円で、日本各地のおいしい物や特産品をゲットできるふるさと納税、オトクなのはなんとなくわかるけど、手続きが面倒なんじゃない?と敬遠している方も多いのでは?

いくらまで寄附できるのかは年収や家族構成、その他の控除額などの条件によって異なるので、代表的なポータルサイト“ふるさとチョイス”で確認しましょう。

まずは寄付したい自治体、特産品を選ぶ

一番楽しいのは特産品を選んでいる時!

ふるさとチョイス”では、地域や欲しい特産品で、寄付する自治体を絞り込んで検索することができます。

欲しい物がたくさんあっても、特例制度を利用したいなら寄付する自治体の数は5つ以内にしましょう。

寄附できる上限金額が大きい場合には、1つの自治体に寄付する金額を大目にすればOKです。

寄附したい自治体に特例申請書を提出

次に、寄付したい自治体に寄付の申込みをしましょう。たいていはネットで入力フォームに必要事項を記入するだけでOKです。その際、「確定申告不要の特例制度を利用する」ことを伝えましょう。

寄附金税額控除に係る申告特例申請書も提出しなきゃダメ

さらに、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」をそれぞれの自治体に提出しましょう。申請書は5つの自治体に寄付する場合は、5回提出ということになります。

寄付は、現金書留、郵便振替、銀行振り込み等の他、最近ではクレジットカード払いが可能なところが増えてきました。カードのポイントもつきますし手数料もかかりませんのでおススメです。基本的に、カード払いは寄付する本人の名義でなくてはならないので注意しましょう。

まとめ

実質負担2,000円で、日本各地のおいしい物や特産品をゲットできるふるさと納税。確定申告不要といってもやっぱりちょっとめんどくさい・・・かも。

ですが、災害があった地域や出身地を応援することもできるし、単純に家計の節約に使うこともできる制度です。

申し込んだ品がいつ届くのかな?と待つのもわくわくして楽しいですよ。

 - カード, ポイント, 家計, 税金 , , , ,