MONEY info

子育て世代のためのトクする!役立つ!暮らしのマネー術

*

自転車保険は自分ではなく、相手を怪我させた場合に必要?!

      2016/01/22

自転車故で高額な賠償金?!

子供や未成年者が自転車事をおこし、高額の賠償金を支払う事例が相次いでいます。

・女子高生が夜間、携帯電話を操作しながら無灯火で走行し看護師と衝突し、看護師に重大な障害が残った・・・賠償額5,000万円
・男子高校生が赤信号で横断歩道を自転車走行中、旋盤工の運転するオートバイと衝突し、旋盤工が死亡・・・賠償額4,043万円

・男子高校生が自転車で交差点に無理に侵入し、女性が運転する自転車と衝突。女性は死亡・・・賠償額3,138万円

・男子小学生(11歳)が夜間、帰宅途中に自転車で走行中、歩道と車道の区別のない道路において歩行中の女性(62歳)と正面衝突。女性は頭蓋骨骨折等の傷害を負い、意識が戻らない状態となった。・・・賠償額9,521万円

(日本損害保険協会HPより)

こんなふうに、たとえ自転車でも「車両」の一種ですので、重大な事故を起こし、被害者になるばかりでなく、加害者になることもあるす可能性もあるのです・・・。加害者が未成年者だと親の責任となります。

個人賠償責任保険があれば自転車保険はいらない?

よく言われているのが、基本的には自動車保険や火災保険に付帯できる、「個人賠償責任保険」特約でカバーできるので、そちらを利用しましょう!ということ。

では、個人賠償責任保険ってなに?ということで、調べてみました。

個人賠償責任保険とは、日常生活全般で、他人に怪我をさせたり、物を壊したりして法律上の賠償責任を負った場合に補償する保険。

単体で販売されることはほとんどなく、自動車保険や火災保険、傷害保険等に「特約」として付帯するのが一般的です。

通常、加入者だけでなく家族全員が補償され、特約保険料も 月に数百円程度で済みます。

既に加入している、自動車保険や火災保険に「個人賠償責任保険」特約を付けている人は、ひとまずこれで安心です。

付けてない人は、現在加入中の 自動車保険等に、途中付加ができるかどうかを問い合わせて、すぐに「個人賠償責任保険」特約を付けたほうがいいですね!自動車保険の更新時期などに合わせて付けるといいと思います。

もし自転車保険に加入するなら?

そもそも、自動車保険や火災保険に加入していない方は、自転車用の保険に加入した方がいいかもしれません。

学生の方なら、入学後に学校から団体割引で加入できるような傷害保険を案内されることがありますよね。そちらで個人賠償責任がついているプランを選ぶといいと思います。

入学を機に、自転車で通学することになる学生さんなどは、単体で加入できる自転車保険を要チェックです。

他に、新しく自転車を購入する場合なら、きちんと整備された自転車を購入した時に加入できる(公財)日本交通管理技術協会認証の「TSマーク」の保険を利用するのも手ですね。「TSマーク」が貼られた自転車には、自動的に傷害保険と損害賠償保険が付帯しています。保険の有効期間は(TSマークに記載されている)点検日から1年間です。

まとめ

自転車事故には、基本的に自動車保険や火災保険に付帯できる「個人賠償責任保険」特約でカバーできます。”自転車通学になるので自転車保険に加入を検討したい”というような場合は、
月148円で高額賠償に備える!自転車保険の選び方を参考にしてみてくださいね。

 

 - 保険 , , , ,